ママのための離乳食ガイド

離乳食の桃はいつから食べられる?

桃は離乳食初期から食べることができますが、アレルギーの心配もある食材です。離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、桃を使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

離乳食の桃はいつから?

果物全般についていつから食べられるか簡単に知りたいときはこちらから!

【果物編】いつから食べられる?離乳食の食材一覧
初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)

momo 桃は、離乳食の初期、中期、後期、完了期に食べさせることができます。

桃はその実のほとんどが水分。桃の栄養分はあまり知られていませんが、ビタミンCが豊富です。また食物繊維のペクチンも豊富なので便秘解消にも効果が期待できます。

しかし、桃はアレルギーを引き起こす可能性がある果物でもあります。離乳食の初期から与えることはできますが、初めて与えるときはまず少量の桃をすりつぶして加熱したものを与えて様子を見るなど慎重に始めます。

桃の下ごしらえ

桃の皮をむいて種を取ります。初期は、細かく刻んでさらにすりつぶしたものを加熱調理してから食べさせます。中期では一口大に切ったもの、後期以降は、食べやすい大きさに切ったものを与えます。

離乳食の桃の冷凍保存

離乳食用に桃を冷凍することは可能です。

桃は傷みやすい食材でもあります。冷凍できれば冷凍するのも長期保存できる方法のひとつです。

初期の場合は、すりつぶしてペースト状のものを製氷皿に入れて冷凍保存します。中期では一口大に、後期以降は食べやすき切ったものを、一食分ずつラップに包んで冷凍保存します。

桃は皮をむいたまま置くと変色してしまいますが、レモン汁をかけておくと多少の変色を防ぐことができます。

解凍方法

桃は解凍するとべちゃっとなります。レンジで解凍したり、お鍋で加熱して解凍したり、必ず加熱をするようにします。もものピューレにしたりジャム状にして、ヨーグルトに混ぜたりパンがゆにするといいですね。

桃の選び方

おいしい桃は、桃の表面のピンク色がはっきりと色づいているもの、そしてお尻部分は白いもの。また桃の皮の表面はぶつぶつとしているもの。また実の形は、大きく、中心の割れ目を中心に横に楕円形になっているもの。

できるだけ条件に合う桃を探してみましょう^^

また、桃といえば缶詰の桃もよく見かけます。シロップ漬けなので、赤ちゃんにとっては甘すぎます。強い甘さに慣れてしまったり、歯が生えてくると虫歯のリスクも大きくなります。できる限り生のフレッシュな桃を食べさせてあげます。

万が一、桃の缶詰を与える場合は、水洗いをしてシロップを洗い流すなどしましょう。

おすすめ!桃で離乳食レシピ