ママのための離乳食ガイド

離乳食のメロンはいつから食べられる?

赤ちゃんにも食べさせることができるメロンですが、近年メロンのアレルギーが増えています。離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、メロンを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

離乳食のメロンはいつから?

果物全般についていつから食べられるか簡単に知りたいときはこちらから!

【果物編】いつから食べられる?離乳食の食材一覧
初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)

meron メロンは、離乳食の初期、中期、後期、完了期に食べさせることができます。

メロンは栄養価が高く、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。特にカリウムが豊富に含まれて、利尿作用があり体の水分量を調節します。またペクチンが含まれているので、便秘改善にも効果が期待できます。

近年メロンのアレルギーが増えています。桃と同様、初めは果汁を加熱して少しずつ様子をみながら与えるなど、慎重に進めたい食材です。皮膚に果汁がつくだけでもかゆみを引き起こす場合もあります。アレルギーが心配な場合は、無理に与えずに月齢が進んでから与えるという選択が良いでしょう。

メロンの下ごしらえ

メロンを半分にカットし、スプーンで種を取り除きます。そのまま大人が食べる分に切り分けてから、赤ちゃんの分を取り分けるのが1番無駄にならない方法かもしれません。

皮に近い部分は果肉が硬いので、柔らかい部分をスプーンですくい取ります。

初期は、すくい取ったメロンをすりつぶしてペースト状に。メロンを初めて与えるときに時には、加熱しながら水を加えて少し薄めます。

中期以降はほかの果物などと同様に、食べやすい大きさにカットしてあげましょう。メロンはスプーンでもすくえるので、しっかりカミカミできるようになったら、小さくすくって口に入れてあげてもいいですね。

離乳食のメロンの冷凍保存

メロンは冷凍すると食感や風味が変わってしまうので、あまり冷凍向きとは言えません。

(離乳食でなければ、冷凍したメロンをシャーベット状にして楽しむこともできますが、ここでは冷凍した食材は加熱をしてから食べさせることを前提としていますので、赤ちゃんにはオススメできません。)

メロンの選び方

メロンは、食べごろが記載されていることがおおいです。

おいしいメロンは、メロンの網目がしっかりと盛り上がっている、形が整っていてメロンの色ムラがない、ずっしりと重さのあるもの、など。

メロンの保存は、常温で。冷蔵保存すると成長が止まり熟さないまま鮮度が落ち始めます。食べる2時間ほど前から冷やし始めるのが〇。

カットメロンはしっかりとラップをして冷蔵保存し、その日のうちに使います。

おすすめ!メロンで離乳食レシピ