ママのための離乳食ガイド

離乳食の粉チーズ(パルメザンチーズ)はいつから食べることができる?

離乳食の味付けにも使える粉チーズ(パルメザンチーズ)。離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、粉チーズ(パルメザンチーズ)を使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

粉チーズはいつから?

初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)

cooking_parmesan_cheese チーズの中でも比較的クセのない粉チーズ(パルメザンチーズ)は、離乳食の中期以降から使うことができます。

チーズは、タンパク質やカルシウムを多く含む食材。特に、粉チーズ(パルメザンチーズ)はサッと振りかけて手軽に使える利点もありますが、たんぱく質や塩分そして脂肪分がちょっと高め。

調味料感覚で、なるべく量は控えめに。


粉チーズ(パルメザン)の下ごしらえ

粉チーズ(パルメザンチーズ)は元々粉状のため、特に下ごしらえは必要ありません。

野菜に和えたり、食材に振りかけて焼いたりと使い勝手がいい食材です。

離乳食の粉チーズ(パルメザン)の冷凍方法

粉チーズ(パルメザンチーズ)は冷凍できます。

1つ購入してきても、冷蔵庫で余ってしまうことも多い粉チーズ(パルメザンチーズ)ですが、冷凍保存バックなどに移し替えて、平らにした状態で冷凍庫へ入れれば冷凍可能です。

しっかりと冷凍保存パックの中の空気を抜きましょう。結露の原因になります。

解凍方法

通常であれば、解凍しないでそのまま振りかけて食べることができますが、離乳食ではスープやリゾットのように加熱して食べさせるのがよいでしょう。

粉チーズ(パルメザン)の選び方

粉チーズ(パルメザン)の選び方は特にありません。近所のスーパーだと、だいたい1種類か多くも2種類くらいしかありません。

粉チーズは比較的早い時期に食べさせることができますが、まずはもっと脂肪分が低くクセもなく食べやすいカッテージチーズあたりから始めるとよいでしょう。

おすすめ!粉チーズ(パルメザン)で離乳食レシピ

pop_coming_soon