ママのための離乳食ガイド

離乳食のカッテージチーズはいつから食べることができる?

カッテージチーズは低脂肪低たんぱくで離乳食向きのチーズ。離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、カッテージチーズを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

カッテージチーズはいつから?

初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)

cheeseチーズの中でも低カロリーで高たんぱくなカッテージチーズは離乳食向けの食材。カッテージチーズは離乳食初期から赤ちゃんに食べさせることができます。そのほか、カルシウム、ビタミン類、乳酸菌と栄養価も高いです。

そしてなんといっても、カッテージチーズはお家で簡単に手作りすることができるので、安心して赤ちゃんに食べさせることができますよ~。

カッテージチーズの作り方

IMG_0099

材料

・牛乳200CC
・レモン汁(またはお酢)大さじ1

作り方

①牛乳を耐熱容器に入れて電子レンジで温める。もちろん鍋でもOK!(沸騰しない程度に)
②温まった牛乳にレモン汁(またはお酢)を入れてかき混ぜる
③ぶつぶつと分離してきたら10~15分ほどそのまま置く
④ざるにキッチンペーパーや布巾をしいて、こす
⑤キッチンペーパーに包んだまま少し水気を絞ってできあがり!

※こした時に出た水分(ホエー)も栄養たっぷりなので、ドリンクにしたりスープにしたりしましょう!

離乳食のカッテージチーズの冷凍方法

カッテージチーズは、冷凍が可能です。ただし、作りたてや開封したばかりのカッテージチーズに比べると、風味はかなり落ちてしまいます。

冷凍保存するならば、製氷皿に1食分ごとに入れて冷凍保存、またはラップに包んで冷凍保存パックに入れて保存するようにします。

解凍方法

リゾットなど加熱して食べるものに使うようにします。解凍せずに直接お鍋の中に入れてOK。

カッテージチーズの選び方

市販のカッテージチーズは2種類のタイプがあります。

協同乳業 カッテージチーズつぶタイプ110g

カッテージチーズそのままのタイプ。粒々が残っていて、サラダなんかにのせたりして食べますね。


協同乳業カッテージチーズうらごしタイプ200g

裏ごしタイプ。なめらかになっていて、離乳食で使うのにも便利そうですね~。

どちらでも離乳食に使うことができます。好みで選んで大丈夫です!


おすすめ!カッテージチーズで離乳食レシピ

pop_coming_soon