ママのための離乳食ガイド

離乳食のプロセスチーズはいつから食べることができる?

プロセスチーズは離乳食でも使えますが塩分が少し多め。離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、プロセスチーズを使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

プロセスチーズはいつから?

初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)

cheese4 離乳食でのプロセスチーズは、離乳食後期(8ヶ月頃)から食べられるようになります。

プロセスチーズは、乳を固めて発酵熟成させたナチュラルチーズを原料として、様々な形に成型したチーズのこと。6ピースのチーズやベビーチーズ、スライスチーズなどがそれにあたります。(ナチュラルチーズは、モッツアレラやゴカマンベールなどといった種類)

チーズなのでそのまま食べられて手軽ですが、塩分や脂肪分がちょっと高めなので少量に。他の食材と合わせて食べさせるのがオススメです。



プロセスチーズの下ごしらえ

プロセスチーズは、赤ちゃんの食べやすい大きさに刻んであげます。

また、つぶしてミルクなどで溶いて使ってもOK!

離乳食のプロセスチーズの冷凍方法

離乳食でのプロセスチーズは冷凍できます。

ただし、チーズは冷凍すると食感が悪くなります。必ず加熱調理して食べさせます。ボソボソした感じになるので、食べやすい大きさに刻んだものをラップに包んで冷凍保存バックに入れて冷凍します。

解凍方法

自然解凍後、加熱調理。もしくはそのまま調理中の鍋に入れてしっかりと火を通します。

プロセスチーズの選び方

スーパーなどで一般的に販売されているプロセスチーズ(6ピースのチーズやベビーチーズ、スライスチーズ)を選んでOK。

もしくは、赤ちゃん向けに塩分少なめで柔らかくできているチーズを選ぶと良いですね。

おすすめ!プロセスチーズで離乳食レシピ

pop_coming_soon