ママのための離乳食ガイド

離乳食のクリームチーズはいつから食べることができる?

クリームチーズはいつから?

初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)

creamcheese 離乳食でのクリームチーズは、離乳食後期(8ヶ月頃)から食べられるようになります。

クリームチーズは、生クリームと牛乳を合わせて作られた柔らかいチーズ。チーズの種類でいうと、フレッシュチーズでチーズというよりもヨーグルトに近い感じ。ほんのり甘みも感じるので赤ちゃんも好きな味かもしれませんね。

クリームチーズは塩分は控えめなチーズですが、脂肪分が高めなので赤ちゃんに与えるときは少量にしましょう。

クリームチーズの下ごしらえ

クリームチーズは、柔らかく口の中に引っ付いてしまうかもしれません。赤ちゃんに与えるときは、つぶして滑らかにのばしてから与えるなどします。

上手にカミカミができるようになってきたら、小さくサイコロ状に刻んで与えてみるとよいでしょう。

離乳食のクリームチーズの冷凍方法

離乳食でのプロセスチーズは冷凍できます。

ただし、チーズは冷凍すると食感が悪くなります。ボソボソした感じになるので、食べやすい大きさに刻んだものをラップに包んで冷凍保存バックに入れて冷凍します。解凍の仕方がポイント。

(チーズの成分によっても異なるので、必ず自分の目と舌で確認します)

解凍方法

冷蔵庫でゆっくりと時間をかけて解凍、またはレンジで少しずつ加熱しながら解凍。

解凍したものは、加熱調理(リゾットやスープ)して食べさせるようにします。

クリームチーズの選び方

スーパーなどで一般的に販売されているクリームチーズを選んでOK。日持ちがしないので、きちんと製造年月日や賞味期限をチェックして新しいものを選ぶようにしましょう。

おすすめ!クリームチーズで離乳食レシピ

pop_coming_soon