ママのための離乳食ガイド

離乳食のしいたけ・干ししいたけはいつから食べられる?

しいたけはうまみ成分をたっぷり含んでいますが、弾力があるので離乳食ではすりつぶしたりしにくい食材です。離乳食で与える場合には、細かく刻んであげるのがポイントです。幼児期でも口に残ってしまうことが多いので、気を付けましょう。しいたけや干ししいたけを離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサードリンク




しいたけ・干ししいたけはいつから?

きのこ類全般についていつから食べられるか簡単に知りたいときはこちらから!

【きのこ編】いつから食べられる?離乳食の食材一覧
初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)
×

shiitake しいたけ、干ししいたけは、離乳食の後期、完了期から食べさせることができます。

しいたけや干ししいたけは、低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富です。またしいたけの中にはエルゴステリンという物質が含まれていて、これはビタミンDと同じような働きをしてくれます。カルシウムを体に吸収するにはビタミンDが欠かせません。成長期の子や妊婦さんにもおすすめです。

ただし、離乳食となると話は別です。しいたけは弾力があるので、すりつぶしたり裏ごしするのが難しい食材です。離乳食が終わっても、しいたけをそのまま食べるのは難しいことも。細かく刻んで肉団子に混ぜたり、とろみをつけてあんかけにしたりと食べやすくしてあげる工夫が必要です。

しいたけ、干ししいたけの下ごしらえ

①水を含んだキッチンぺーパーなどで、しいたけの表面を拭いて汚れを落とします。
②軸の部分を切り落とし、薄切りにしたら下茹でをします。
③ゆであがったら、細かいみじん切りにします。

■干ししいたけは、水につけて柔らかくなったら、同じように薄くスライスして下ゆで。その後細かくみじん切りにして調理に使います。

しいたけを茹でた汁や干ししいたけの戻し汁は、だし汁として使えます。離乳食に活用しましょう!

離乳食のしいたけの冷凍方法

しいたけは、冷凍保存が可能です。

下ごしらえが済んだしいたけを、製氷皿に1回分ごとに分けて入れ冷凍、その後冷凍保存パックにうつします。

また、しいたけを茹でた茹で汁も、だし汁として冷凍保存ができます。製氷皿に小分けして冷凍します。

解凍方法

電子レンジで解凍後調理に使用、しっかりと熱を通しましょう。

また、冷凍のまま煮物やあんかけの煮汁に入れてもOKです。

しいたけ・干ししいたけの選び方

生しいたけは肉厚で、かさがあまり開いていないもの、軸が太いものを選びます。また、かさの内側が白いのも新鮮さの目安です。

干ししいたけは、かさがあまり開いてなく、かさの裏の部分が黄色くなっているものが良いです。赤みがかかってきているものは、古くなってしまっているものです。

保存は、生しいたけは冷蔵庫で保存。傷みやすいので早めに使います。干ししいたけは乾燥材などをいれた瓶などの容器に入れて保存します。

おすすめ!しいたけで離乳食レシピ

pop_coming_soon