ママのための離乳食ガイド

離乳食のさといもはいつから食べられる?

さといもは、大人でも素手で扱うとかゆみを感じることがあります。離乳食で与える際は、しっかりと加熱して赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えます。里芋を離乳食で与える場合の注意点や下ごしらえ、冷凍保存の方法、里芋を使った離乳食レシピなどをチェックしましょう。

スポンサードリンク



さといもはいつから?

初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9ヶ月~11ヶ月)
完了期
(1歳以降~)
×

satoimo さといもは、離乳食の中期、後期、完了期に食べさせることができます。

ただし、里芋はアレルギーを起こすことがある食材です。

里芋に入っているアセチルコリンという物質に体が反応し、口の周りがかゆくなったり、咳が出たりなどの症状が起こることがあります。

赤ちゃんに里芋を食べさせる場合は、少しずつ様子を見ながら与えるようにしてくださいね。

ちなみに、里芋を調理中に手がかゆくなるのは、「シュウ酸」という目には見えないけれど、針のような結晶が手に刺さるからだそうです。里芋のエグミもこのシュウ酸が原因のようです。ややアクが強いので、しっかりとあく抜きをしてあげると赤ちゃんも食べやすくなるでしょう。

さといもの下ごしらえ

さといもをよく洗い、皮をむく。鍋に皮をむいた里芋と、ひたひたの水を入れて火にかける。
竹串がすっと簡単に通るくらいまで柔らかく茹でる。

【里芋の簡単な皮むき方法】
さといもをよく洗ったら、皮のまま鍋に入れて水から15分ほど茹でる。
柔らかく茹であがったら、キッチンペーパーなどで包んで皮を滑らせるとつるりとむけます!

【あく抜き】
お米のとぎ汁で1度下茹でしてあげると、エグミもなく煮物の煮汁が濁ることもありません。

柔らかく茹であがった里芋は、スプーンやフォークでつぶして調理に使ったり、赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせた大きさにカットします。


離乳食のさつまいもの冷凍方法

さつまいもは、冷凍保存が可能です。

離乳食用に冷凍保存をする場合は、あく抜きをしたものを時期に合わせて刻むなどし、ラップに1食分ごと包むなどして冷凍保存パックに入れて冷凍します。

皮をむいて、塩で軽くぬめりやアクを落としたものを生のまま冷凍することも可能。

解凍方法

電子レンジでしっかりと解凍し、加熱します。

凍ったまま、煮汁に入れて加熱調理してもOK!

さといもの選び方

さといもは通年スーパー等で見かけますが、さといもの種類によって旬の時期が異なります。8月から秋にかけて旬なものもあったり、八頭など正月に使われる里芋は12月~1月が旬。

さといもは、丸くて表面に傷のないもの、手に取った時にずっしりと思いものを選びましょう。また、古くなるとカビ臭くなりますので、匂いでもチェックしましょう。

冷蔵庫に入れると低温障害を起こして痛みが早くなります。保存は常温で、できれば土のついた状態で新聞紙などに包んで冷暗所での保存がベストです。

おすすめ!さといもで離乳食レシピ

pop_coming_soon