ママのための離乳食ガイド

離乳食に使いたい!おいしい和風だしの取り方・作り方

離乳食はうす味が基本。おいしいだしを取ることができるようになれば、だしと素材の味だけで調味料いらずのおいしい離乳食を作ることができます。おいしいだしで素材の味を引き出し、赤ちゃんの味覚の発達をうながします。

和風だしには、昆布だし、かつおだし、昆布かつおだし、煮干しだし、といくつか種類があります。

離乳食が進むと和風だしは大活躍です!多めに作って冷凍保存しておくと便利です。

昆布だし


まずは、植物性の昆布だしからスタート!

材料

昆布 15センチ
水 5カップ

作り方

①昆布は固く絞った布巾などで軽く表面をふく
②鍋に水と昆布を入れて、20分ほど置く
③火にかけ、沸騰直前になったら昆布を取り出す

☆昆布のにおいがダシにつくとおいしくないので、お鍋のフタはしません


かつおだし


続いてかつおだし

材料

かつおぶし 20g
水 5カップ

作り方
①鍋に水を入れて沸騰させる
②かつおぶしを一気に入れて、再び沸騰したら火を止める
③かつおぶしが鍋の底に沈んだら、クッキングペーパーを敷いたざる、またはこし器などでこして出来上がり


昆布かつおだし


昆布だし、かつおだしの後は、よりうま味の濃い「昆布かつおだし」

材料
昆布 15センチ
かつおぶし 20g
水 5カップ

作り方
①昆布は固く絞った布巾などで軽く表面をふく
②鍋に水と昆布を入れて、20分ほど置く
③火にかけ、沸騰直前になったら昆布を取り出す
④鍋は火にかけたまま、かつおぶしを一気に入れて、再び沸騰したら火を止める
⑤かつおぶしが鍋の底に沈んだら、クッキングペーパーを敷いたざる、またはこし器などでこして出来上がり

和風だしの冷凍保存方法

昆布だし、かつおだし、昆布かつおだしは冷凍保存が可能です。和風だしに限らず、洋風だしなどといった液体のものを冷凍保存するには、製氷皿で保存するのがおすすめ。

  1. 冷ましただし汁を、製氷皿に入れます。このとき、大さじいくつなどと確認しておくと、レシピを見ながら離乳食を作るときにわかりやすくて便利です。
  2. ラップやアルミホイルなどでふたをして、冷凍します。
  3. 凍ったら、冷凍保存バックに移して保存します。
和風だしの冷凍保存には製氷皿で十分ですが、赤ちゃん用の保存トレーは安全安心でおすすめ!

離乳食冷凍小分け保存トレー 1枚(30ml×8)


手軽に!簡単!和風だしの取り方・作り方

上の和風だしの取り方・作り方以外に、簡単に手軽のにだしを取る方法があります。

かつおぶし+茶こし

茶こしにかつお節を入れて、熱湯を回しかけるだけで簡単に和風だしの完成!

昆布+つけおき

タッパなどに水を入れ、昆布を浸して冷蔵庫で一晩置くだけ。

時間がないときや、手間をかけることができない時、少量だけ欲しいときに活用できますね^^

時間がないときには!ベビーフードの和風だし

昆布もかつお節も切らしてない!ちゃちゃっと離乳食を作ってしまいたい!そんな時には、ベビーフードの和風だしも活用してみましょう。


ピジョン かんたん粉末 和風だし(徳用)(50g)【かんたん粉末】[離乳食 ベビーフード ピジョン ベビー用品]



和光堂 手作り応援 和風だし(2.5g*10包)【手作り応援】[ベビー用品]